生き様と死に様

長年務めあげてきた仕事を辞めるにあたっての準備と始末をしている今日この頃である。 第一には、弁膜症手術をして後顧の憂いを断つこと。 次に、申し送りと引継ぎをして仕事におけるこれまでのやり取りを無くしていく。 し残した仕事が無くなって気持ちの整理がついている積りだが、やはり寂しさはある。 社員とのしがらみを残さないように付…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

末法思想の本旨と現世の崩壊プロセス

昨今の報道に鑑みるに、あらゆるジャンルにおいて空虚なきれいごとと精神的堕落の様が多すぎると感じる。 「いじめといじり」、「尊属殺人」「育児放棄(ネグレクト)」、いずれの場合でも解決不可能な事象と思える末期的な状況である。 またそれらに対応する、教育、行政、警察等の対処において「責任の不在」が多い。 思い返してみると、戦後か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界観の交代

男の世界は終わった 女の世界が始まった なぜなら、女の価値観で日本社会の管理が始まったからだ 終わった!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハラスメントは悪か?

2018年は、ハラスメントや浮気のつるし上げで、あたら人材を葬り去るどころか芸人と同様の笑いものにさらしている現状にとても憂鬱な気分になった年である。 正当化する言葉は、「時代が許さなくなったんだ」そうだが、本当は違う! 時代が変わったんじゃない! 事象を見る視点が外れて正鵠を射る目玉が狂ってしまったんだ! つまり、本質…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一期一会の旅へ

2018年、平成の名が終焉し、2019年4月?には新元号が発表されることになる。 僕も、来年を機に仕事師としての岩田 進が終焉し遍路の旅路に向かいます。 何故に遍路かというと、札所から札所の間にこそ「一期一会」が存在すると見做しているからだ。 仕事は、何とかやり切る意思で完遂に努力する。 そしてやり切った→目的地に行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秩序が乱れている。忠義と道義の復権に向けて。

11月6日、「尊王攘夷思想と長州藩」という演題で講演を聞いた。 思想そのものは目新しくはないのだが知識は知識として、昨今では日本の国体と日本人としての背骨(バックボーン)、誇るべきものがないがしろになっていることに危惧をおぼえる。 日本は、古代から文明を大陸から受けてきながら独自の文化や価値を醸成してきた素晴らしい歴史を持ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

男と女の進化の違いは?

進化しない人間が多くなっていると思う今日この頃 口だけは達者で道理が通っているようなことを平気でしゃべくるのが女なんだけれど、大抵がシングルマザーのようにバツ〇〇女がそうである。 世間のマスゴミなんぞは異常にウケて持ち上げているが、しゃべっているのが自分勝手な言い分で他人のことにまで気が回らない、男から別れた時から時が止まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死ぬ力と生きる力

 義理と人情が無くなり、私情(プライバシー)が優先する時代になった時に自分の在り方を考えてみる。 覚悟がある者が少なくなってきた。 死ぬ力は生きる力、生きる力は行ける力、行けるところは行き着くところであり目的地である。 目的地までやり切り行き着く覚悟がなければ死ぬ力は出来るものではない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

責任の所在

団体戦ではよくあることだが、点を取られ始めると止めることが出来ずに敗北の憂き目にあうことがあります。 選手は一生懸命やっているし、致命的なミスもないのにドツボにはまってしまった結果です。 2018年サッカー・ワールドカップ ロシア大会での日本VSベルギー戦がまさにそうである。 企業運営も同様で、みんな仲良くやっているし、戦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きる力と死ぬ力

 死ぬことは、生きることのプロセスである。 生きるということは、行けるということでもある。 自分が目指しているところまで行けるのが生きている証拠です。 目的地に行けないということは、生きることが出来ない。即ち死ぬことである。 生きる力が無くなっていくとき、死ぬ力が湧き上がってくるような気がします。 お遍路は、札所を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

組織の運営について

 昨今の組織は合理的かつ有効に機能できていない思いがある。 1 管理者が管理できていない。⇒統制が効いていない。 2 監督者(リーダー)が現場でリーダーシップがとれていない。⇒成果が上げられない。 なぜ?仲良くやることに注力して目標を見失っているからです。 組織が効率的に動いていない時は、団体戦のように「なんとなく負けち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

信用と信頼の活かし方

信用とは、発想や遣り方を信じているから用いる。 経営者や上司が部下に仕事を与えるときに考える。 商品を購入する場合も、同様である。 信頼とは、成果を出してくれることを信じているから仕事を依頼する。 失敗するかもしれない恐れがあるなら、依頼はしないものです。 管理者として経営者に信用してもらえないまま、従事してきたが成果…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我慢の限界!

国会を空転させ、国際関係をも反対する精神的テロ集団の究極のハニトラにツイッターにも怒りの声が氾濫しています。 ⇒自粛していたがもう、我慢ならんので告白❗ テロ朝セクハラ自爆テロの顛末! 1 テロ実行犯⇒進優子(肉弾攻撃) 2 指示役⇒松原文枝         松原文枝⇒安倍総理をヒトラーに準える番組のプロデューサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミーイズムと英雄の隔たり

1999年(平成11年)11月22日。航空自衛隊入間基地所属のT33型ジェット練習機が入間川河川敷に墜落しました。 マスコミが「税金の無駄使い」「停電で冷凍後のアイスクリームが溶けた」と報じたその事故には、高潔な男の魂が隠れていました。 最初にベイルアウトを通告してから、再度ベイルアウトを告げるまでの13秒間、なぜ彼らは最初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きる力と死ぬ力

「人は如何に生きるかが大事である。」と言われているし、「充実して生きて如何に充実して死ぬか」というのが大抵の方々の希望であろう。 僕は、経営計画に「ドメイン」というものが必須であることをよく聞きます。 つまり、商品であれば「何を」「誰に」「どのように」売るかということです。 活力ある生き方ができる人は、若々しく活動していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「弱い人が好き」(株)アデリー小野悟会長の講話から

年商50億のギフト/メーカーの小野会長は、24歳で脱サラしてうどん屋、29歳でギフト卸・販売の「アド」を創業し39歳で年商18億達成し、関連商品のメーカーをもプロデュースして35億から昨年2017年50億に達したギフト総合商社をけん引してきた方です。 元来は、人見知りで引込み思案の性格であった方が、ここまでに起業を発展させてきた原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

死のあり方

一昨年から、「睡眠時無呼吸症候群」と「不整脈」と診断されて、血液剤(胃薬を含む)、降圧剤を飲んでいましたが、今年の11月に20日ばかり治療を止めていました。 すると、胸が苦しくて呼吸もままならなくなったのです。起きているときはまだいいのですが、横になって寝ることが出来ないのです。 受診すると、「うっ血性心不全」と「肺に水が溜まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

幹部の目指すものとは

兵士と幹部との違いは、幹部は命令を発することができ、兵士は命令に服従する。 管理者は孤独→竜は単独で天を目指す。            一流は、それ以上を目指す。 水は低きに流れて、汚物が溜まる。 類は友を呼んでかしましい。 →嗚呼、雲雀いずくん鴻鵠の志を知らずや
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チェチュ思想と千軍思想

 チェチュ思想とは、北朝鮮の金日成主席が唱えた、マルクスレーニン主義を展開させた、人民の主体思想であることは知られている。  つまり、人民が主体的な思想や行動がとれるためには、絶対的な指導者がしっかりと服従させていなくてはならないと唱えている。  そのためには、全てにおいて軍事優先の政治思想、「先軍政治思想」が優先するとのこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初対面での好印象を挙げてみましょう

 人は初対面の印象で人柄を決定してしまう傾向にあります。 僕を見て好印象で見てくれた場合の評価は:経験豊富、清潔感(クリーン)、安心感、信頼感、統率力、発言力、頼りがい、仕事ができる、悩み事を聞いてくれる、即断即決、機動力、どっしりと腹が据わっている、リーダーシップ、人情家、強い意志、真面目、包容力、社交的、前向き、へこたれない、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more